計算のたびに電磁石でスイッチが開閉し、ガシャガシャッと音がする。そんな60年前のコンピューターが、静岡・沼津にある富士通の工場で今も動いている。国産旅客機「YS11」の設計にも使われるなど、日本の高度成長期の技術を支えた名機。動かし続ける浜田忠男さん(49)の思いとは。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます