2035年に「教育強国」になるとの目標を掲げる中国の習近平(シーチンピン)指導部が、義務教育の大改革に乗り出した。大学入試に照準を合わせた学力偏重の傾向を是正し、心技体のバランスがとれた教育を目指す。庶民からは「かけ声は立派」と皮肉も出るが、今回はアメとムチをちらつかせ、強い覚悟を見せている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます