プロボクシングの世界タイトル戦が12日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトル戦は、同4位の村田諒太(33)帝拳=が、同王者のロブ・ブラント(28)=米=に2回2分34秒でTKO勝ちした。村田は昨年10月に敗れた相手との再戦で、雪辱を果たした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます