元ハンセン病患者の家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決が確定した。政府は家族への差別を「厳然たる事実」と認め、「心からお詫(わ)び申し上げる」と謝罪する首相談話と、判決を強く批判する政府声明を同時に発表。補償の制度づくりや差別解消への取り組みなど、残された課題はなお多い。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます