東シナ海に沈む夕日を背に受けて、いくつものマリア像が手を合わせる。墓碑の上にはキリスト教の象徴のクルス(十字架)。やがて太陽が沈み、残光の中でシルエットになっていく墓碑群を見ていると、信仰心なんてまるで無いのに自然と背筋が伸びてくる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます