韓国で開かれている水泳世界選手権で13日、男子シンクロ板飛び込み決勝で、日本の寺内健(38)、坂井丞(しょう)(26)組=ともにミキハウス=が7位になり、日本水泳連盟の規定で2020年東京五輪の代表に内定した。2人は全競技を通じ、個人としては東京五輪の日本代表内定第1号となった。寺内、坂井両選手は2大会連続での五輪出場で、寺内選手は馬術・障害飛越で6大会連続出場の杉谷泰造選手と並び、夏季五輪の日本選手で最多タイの通算6回目の出場となる。光州〈韓国〉=清水寿之…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます