かつては“野球後進県”のイメージがあった岩手から、近年は規格外の投手が続々と生まれている。高校野球では最速163キロを記録した大船渡の佐々木朗希(ろうき)(3年)。大リーガーでは菊池雄星(マリナーズ)と大谷翔平(エンゼルス)。突き抜けた才能を育む土壌とは何か。岩手の謎を追った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます