中東のホルムズ海峡は、世界で輸送される石油の約3割が通過するとされる。エネルギー供給の「大動脈」だが、ここ最近、日本の海運会社が運航するタンカーが被弾したり、付近で米海軍の無人偵察機「グローバルホーク」が撃墜されたりするなど、緊張が高まっている。国際社会を揺さぶる震源地に7月上旬、行ってみた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます