東京の国立新美術館やパリのポンピドゥー・センターで大回顧展を実現させた建築家・安藤忠雄(77)が今また、東京の国立近現代建築資料館で個展を開いている。といっても今回は、初期の図面を集めた静かな展示だ。その図面に込められた思いは、しかし熱い。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます