茶の湯の歴史に唐物(からもの)は欠かせない。わびさびとは一線を画す舶来品のつややかさ。室町の大名や数寄(すき)者たちがあこがれた、海のかなたの中国陶磁器が、中之島香雪美術館(大阪市北区)の「茶席を彩る中国のやきもの」展で、ファンの来訪を待っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます