第101回全国高校野球選手権群馬大会は15、16日、上毛新聞敷島球場と高崎城南球場で2回戦計8試合があった。前橋商は高崎商との伝統校対決でサヨナラ勝ち。館林商工は関東学園大付に、伊勢崎清明が利根商にそれぞれ敗れ、公立シード校が相次いで姿を消した。夏の甲子園出場5回の古豪・東農大二は7回コールドで桐生南に敗北。桐生勢対決は桐生市商が桐生をサヨナラで下した。16日までに2回戦が終了。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます