若い世代にあきらめが漂うのはなぜなのか。難民と社会をつなぐ活動をするNPO代表の渡部清花さん(28)は、「成熟した社会からこぼれ落ちないことが最低ラインで、自分たちが社会をつくると思えないから」とみる。沈み行く船の希望はどこにあるのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます