開幕まであと1年あまりとなった東京五輪で、日本選手を選手村ではなく、外部に宿泊させようとの動きが国内の競技団体に出ている。朝日新聞社のまとめでは、選手村に宿泊しない方針の競技団体が六つ、選手村と外部拠点を併用する方針の競技団体(いずれも一部種目のみを含む)も六つある。減量対策や会場への近さなど、よりよい環境を選手に提供する狙いがある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます