広島県立広島皆実高(広島市南区)と近くの市立段原中(同)の生徒たちが、31日に開く平和学習「語りつぐヒロシマ」の準備を進めている。当日は、原爆投下当時、同高の前身の旧県立広島第一高等女学校(第一県女)に通っていた作家大野允子(みつこ)さん(87)=広島市安佐南区=を迎え、当時の話を聞く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます