日産自動車でナンバー2のCOO(最高執行責任者)や副会長を務め、カルロス・ゴーン前会長の右腕だった志賀俊之・前取締役が朝日新聞の単独インタビューに応じ、日産と仏ルノーの経営トップを兼ねていたゴーン前会長が、ルノー大株主の仏政府から両社の経営統合を迫る圧力を受けて苦悩していたとの見方を示した。ルノーが日産に持ちかけた経営統合については、「何をいまさら。ありえない」と強調した。ゴーン前会長の不正については言及を避けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます