森友・加計学園問題や共謀罪で紛糾した2017年の通常国会で、都道府県による米などの種子供給を定めた主要農作物種子法(種子法)廃止が決まった。ほとんど議論にならなかったが、全国有数の種もみ生産県の富山県内の農家には「激震」だった。参院選で農政でも各党が様々な主張をするなか、種子法廃止の影響を関係者に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます