沖縄県今帰仁村(なきじんそん)の運天漁港で3月に死骸で見つかったジュゴンを、環境省沖縄奄美自然環境事務所と県、村が17日、本部町(もとぶちょう)の沖縄美(ちゅ)ら島財団施設で解剖した。終了後に取材に応じた東岡礼治所長は「死後、時間が経っていることもあり、死因の確定はできなかった」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます