第161回芥川賞に、今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)が決まった。鮮烈なデビューから9年。長い沈黙の時期もあったが、「一生取れないと思っていた」賞に手が届いた。「すごく自分らしいものが書けた」と喜ぶ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます