18日の東京株式市場は、日経平均株価が大幅に値下がりし、一時約1カ月ぶりに2万1千円台を割り込む場面があった。終値はやや値を戻し、前日より422円94銭(1・97%)安い2万1046円24銭。東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は33・14ポイント(2・11%)低い1534・27。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます