サンマの北太平洋での漁に、漁獲枠が初めて設定されることになった。日本などの8カ国・地域による北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が18日まで開かれ、来年からの導入で合意した。サンマ漁では近年、中国が急速に漁獲量を増やす一方、日本は不漁が続いてきた。漁獲枠の導入で不漁の一因とされる乱獲に一定の歯止めをかける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます