米国務省は17日、ホルムズ海峡など中東海域を航行する船舶の安全確保のため結成をめざす多国籍の「有志連合」について、関係各国への説明会を19日に開催すると発表した。対立を深めるイランへの包囲網強化を念頭にした「有志連合」構想の具体的内容を説明し、参加を求めるとみられる。日本からも在米日本大使館員が出席する予定だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます