2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアとスタッフが着るユニホームが19日、お披露目された。会場などで活動する大会ボランティア8万人と大会組織委員会の職員8千人は「フィールドキャスト」と呼ばれ、ユニホームは涼しげな大会カラーの藍色が基調。駅などで道案内などをする都市ボランティア3万人は「シティキャスト」と呼ばれ、ユニホームに大会エンブレムの市松模様を大胆に配置した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます