21日の参院選投開票に向け、体力をすり減らすのは候補者のみならず、各自治体の選挙担当職員も同じだ。選挙の月の200時間超にも上る時間外労働(残業)は、深刻な事態も招いており「仕方がない」では済まされない。各選挙管理委員会は対策に悩む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます