ドイツのメルケル首相は19日、ベルリンで開いた夏休み前の恒例の記者会見で、トランプ米大統領が野党の女性議員に「もともといた国に帰ったら」などと述べた問題について問われ、「米国の強さと矛盾する」と批判した。攻撃された女性議員に対しては「連帯意識を持つ」と語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます