京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、携行缶二つを持った男が事件の約30分前、現場近くのガソリンスタンド(GS)で店員に「発電機に使う」と告げてガソリンを購入していたことが、捜査関係者への取材でわかった。男は京都府警が身柄を確保した青葉真司容…

無断転載・複製を禁じます