京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)が玄関から建物内に侵入した直後にバケツでガソリンをまき、火を付けたとみられることが捜査関係者への取材でわかった。玄関のそばには3階まで吹き抜け構造になった、らせん階段があり、炎と煙が一気に建物全体に充満したという。京都府警は20日、青葉容疑者について殺人と現住建造物等放火容疑などで逮捕状を取った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます