香港の「逃亡犯条例」改正案の撤回を求める千人超の若者らが21日夜、香港にある中国政府の出先機関「中央駐香港連絡弁公室」(中連弁)の前に集結し、抗議活動をおこなった。一連の大規模デモで香港の若者が中国政府の機関に直接抗議したのは初めて。中国政府に対する対決姿勢を鮮明にした形だ。一方、香港警察は若者らに催涙弾を放って強制排除に乗り出した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます