宮城県選挙管理委員会は22日、参院選の宮城選挙区で候補者の得票数に誤りがあったとして、訂正した。落選した自民現職の愛知治郎氏の222票分を、当選した立憲新顔の石垣のりこ氏の票として数えていた。当落には影響がなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます