4大会で決勝があり、そのすべてが延長戦となった。北照(南北海道)は延長十四回に勝ち越し、2年連続5回目の出場。秋田中央は前身の秋田市立時代以来、45年ぶり5回目、飯山(長野)は初の代表を、それぞれサヨナラ勝ちで決めた。沖縄尚学は十三回に決勝点を奪い、5年ぶり8度目の優勝。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます