東京五輪・パラリンピックが1年後に迫る中、交通機関の混雑緩和策の推進期間が22日、始まった。企業や官公庁で働く人が、自宅など普段の職場以外で仕事をする「テレワーク」が柱。政府や東京都が「本番前のテスト」と位置づける今年は、60万人以上が参加する見通しだ。五輪を追い風に、新しい働き方が定着するかが課…

無断転載・複製を禁じます