21日に閉幕した第43回日米大学野球選手権で、今秋のドラフト候補の4年生たちが躍動した。その筆頭格で最高殊勲選手に選ばれたエースの森下暢仁(まさと、明大)に加え、野手陣も土壇場で奮起。日本に3大会ぶりの優勝をもたらした。4年前の「リベンジ」も果たした形だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます