官製ファンドのINCJ(旧産業革新機構)は「キャリードインタレスト」と呼ばれる業績連動報酬の支払いを凍結したことを明らかにした。旧革新機構を改組した産業革新投資機構(JIC)が導入しようとした高額の成功報酬制度が批判を浴び、昨年末に民間出身の取締役9人全員が辞任する騒ぎになった。高額報酬への批判の再燃を懸念しての対応とみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます