神経を通る電気信号を「見える化」し、神経痛の診断などに生かす「脊磁計(せきじけい)」について、共同研究するリコー、東京医科歯科大、金沢工業大は24日、実用化に向けためどが立ったと発表した。難しいとされる神経疾患の部位の特定が正確にできるようになるという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます