アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)が事件2日前と3日前、京都市内のホテルにいずれも本名で宿泊していたことが捜査関係者への取材でわかった。同社の本社やスタジオを下見し、事件の準備を計画的に進めたとみられる時期だが、ホテルで不審な行動やトラブルはなかったという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます