京都市の「京都アニメーション」で34人が死亡した放火殺人事件は、世界中のアニメ関係者に悲しみをもたらした。米国のアニメ関連会社の社長もその一人。「何かできることを」。そんな思いで始めた募金は各国で共感を呼び、集まった額は2億円を突破した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます