ハンセン病の元患者の家族への損害賠償を国に命じた熊本地裁判決の確定を受け、安倍晋三首相は24日、首相官邸で原告らと面会し、「政府を代表して心から深くおわび申し上げます」と謝罪した。政府は同日、家族への補償や差別解消に向けた原告らとの協議を始めた。早ければ秋の臨時国会で必要な法整備を議員立法で目指す…

無断転載・複製を禁じます