戦後まもなく始まった伝統の山岳耐久レース「第72回富士登山競走」(山梨県富士吉田市主催)が26日、同市の吉田口登山道であり、約4千人が5合目コース(標高差1480メートル、距離15キロ)に挑んだ。山頂コース(同3000メートル、21キロ)は台風の接近で天候悪化が予想されたため短縮され、5合目がゴールとなった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます