認知症の高齢者らが行方不明になった際の早期発見・保護のために、相模原市は今月から、高齢者に貸し出すGPS(全地球測位システム)端末機を小型化して、事故発生時の家族らの負担を軽くする損害保険をつけたサービスを始めた。GPSを使った高齢者の見守りは全国で広がっているが、端末機とともに保険をつけるのは神奈川県内の自治体で初めての試みという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます