第101回全国高校野球選手権大阪大会(朝日新聞社、大阪府高校野球連盟主催)は26日、準々決勝4試合があり、ベスト4が出そろった。金光大阪は大阪桐蔭に延長14回サヨナラ勝ち。近大付は関大北陽との打撃戦を制し、東海大仰星は初芝立命館を退けた。桜宮が履正社に敗れ、公立勢は姿を消した。予備日を挟んで準決勝は28日、大阪シティ信用金庫スタジアムで金光大阪―東海大仰星(10時開始予定)と履正社―近大付(12時10分開始予定)がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます