平和記念公園一帯はかつて、住宅や店舗がひしめく広島屈指の繁華街だった。一発の原子爆弾が奪い去った人々の命や記憶、つながり。そんな一つひとつを丹念に調べ上げた社会学者がいた。湯崎稔・元広島大教授(1931~84)。調査結果の出版からちょうど半世紀。次男は今年も8月6日に、広島県知事としてその地に立つ。宮崎園子…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます