国際平和シンポジウム「核兵器廃絶への道~大国の暴走を許さない」は7月27日に広島市内で開かれ、約550人が参加した。映画作家・大林宣彦さん(81)と俳優・東ちづるさん(59)が対談し、戦争体験を若い世代へ伝える大切さを強調。元外務省主任分析官の佐藤優(まさる)さん(59)は核大国の指導者に対話を促そうと呼びかけ、国際社会や市民社会の役割を日米の専門家らと語り合った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます