雨などの湿気に弱いコムギを、ゲノム編集技術を使って品種改良することに、農業・食品産業技術総合研究機構と岡山大のチームが成功した。小麦粉の品質向上などに応用できるという。論文は31日、米科学誌セルリポーツに掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます