日米などが米ハワイ島に建設しようとしている世界最大級の天体望遠鏡「TMT」が、先住民の聖地マウナケア山の景観や環境を壊しかねないとして、建設に反対する住民らが道路を封鎖する騒ぎになっている。非常事態宣言が出され、日本のすばる望遠鏡など運用中の望遠鏡も観測中止に追い込まれた。収束の見通しは立たず、科学の発展と地元の理解をどう共存させるか、知恵が試されている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます