佐賀県で6日間にわたって開かれ、1日に閉幕した第43回全国高校総合文化祭「2019さが総文」。小倉百人一首かるた部門では、札を激しく取り合う「取り手」の選手が注目を浴びるが、札を読み上げる「読手(どくしゅ)」も高校生だ。取り手と同様に日本一をかけて戦い、青森県立五所川原高校(五所川原市)の小山内陽和(おさないひより)さん(3年)が最優秀に選ばれた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます