大阪市平野区の阪神高速で2017年11月、酒気帯び運転の大型トレーラーがタクシーに衝突し3人が死傷する事故があり、国の事業用自動車事故調査委員会が調査報告書を2日公表した。トレーラーの運転手は直前に乗ったフェリーで飲酒しており、所属する運送会社では運転手らのフェリーでの飲酒が常態化していたことが明らかになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます