インドの大都市ムンバイの高級マンションに住む御曹司アシュヴィンと、彼の家でメイドとして働く農村出身のラトナ。2人は、アシュヴィンの婚約破棄を機に徐々に親密になる。だが強固な身分制度と古い因習が彼らの未来を阻む。富裕層と貧困層の結婚も、ラトナのような夫を亡くした女性の恋愛も、インド社会では簡単には許…

無断転載・複製を禁じます