セブン&アイ・ホールディングス(HD)が、不正アクセス問題を起こしたセブン―イレブンのスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」の9月末での廃止を決めた。7月の大々的な参入からわずか3カ月での終了。この問題ではセブンHDのネットセキュリティー意識の甘さ、グループ内の連携のまずさが次々に露呈し、異例の短期での撤退を迫られた。流通大手のつまずきは、消費増税前に政府が旗を振るキャッシュレス決済への不安も招いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます