かんぽ生命が金融庁に届け出た保険業法などの法令違反が、2015~18年度の4年間に計73件あったとわかった。契約時に顧客へ重要事項を告げなかったり、書類を偽造したりしたケースが多く、内部資料によると、「動機の大半は販売実績欲しさ」という。法令違反が絶えない一方で、経営陣が十分な対策をとれない姿がうかがえる。かんぽ広報は「不適正な募集があったのは事実で、顧客にも対応している」という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます