朝鮮半島の有事を想定した米韓合同軍事演習が5日、韓国周辺で始まった。鄭景斗(チョンギョンドゥ)国防相が明らかにした。7月25日と31日、8月2日と1週間あまりに飛翔(ひしょう)体を3度発射した北朝鮮は演習の中止を強く求めており、追加発射の可能性に備えた監視態勢を強化しつつの演習となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます