歴史のロマンが秘められた江戸時代の小判や弥生時代の銅鐸(どうたく)、宇宙の謎を解く手がかりになる小惑星のかけら。貴重な「お宝」の数々を、一切傷つけることなく調べられます――。そんな研究に、大阪大の篠原厚教授(放射化学)や二宮和彦助教らが取り組んでいる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます